» news & media» 弊社、共同代表・伊藤圭史のMarkeZine連載「“小売店舗”視点で考えるO2O・オムニチャネル最新動向」第五回が公開されました
2015年3月3日  
このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社、共同代表・伊藤圭史のMarkeZine連載「“小売店舗”視点で考えるO2O・オムニチャネル最新動向」第五回が公開されました

弊社、共同代表の伊藤によるMarkeZineでの連載「“小売店舗”視点で考えるO2O・オムニチャネル最新動向」の第五回目が3月3日に公開されました。

連載第五回目のテーマは「消費の歴史から見る、いまの消費者を読み解く2つのキーワード【オムニチャネル連載・最終回】」です。

オムニチャネルについて小売店舗の視点から考えてきた本連載ですが、最後に少し過去の歴史をひもときながら、「オムニチャネルとは何か」についてあらためて考えてみました。


MarkeZine連載「“小売店舗”視点で考えるO2O・オムニチャネル最新動向」 第五回:
http://markezine.jp/article/detail/21983

MarkeZine連載「“小売店舗”視点で考えるO2O・オムニチャネル最新動向」 記事一覧:
http://markezine.jp/article/corner/527